京都の観光には欠かせない「伏見稲荷大社」。この伏見稲荷大社にある美しい千本鳥居を見ようと世界中から観光客が集まります!今回は伏見稲荷大社を巡り、江戸時代の船「十石舟」を体験するおすすめの1日コースをご紹介します!

お稲荷さんで親しまれる伏見稲荷大社

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@pgbcdrnがシェアした投稿

全国各地にある稲荷神社(お稲荷さん)の総本社でもある伏見稲荷大社。起源は711年(奈良時代)にも遡る大変歴史のある神社で、商売繁盛・五穀豊穣の神として昔から人々に親しまれてきました。1589年に豊臣秀吉が建てたとされている桜門は本殿と共に重要文化財にも指定されています。大人気のスポットですので、日中は人でいっぱい。混雑を避けるなら、おすすめは早朝~午前9時頃です。

 


■伏見稲荷大社
住所:〒612-0882 京都府京都市伏見区深草藪之内町68
HP:http://inari.jp/

 





どこまでも続く朱色の鳥居「千本鳥居」

鮮やかな朱色の鳥居が重なるように並ぶ「千本鳥居」。どこまでも続く鳥居は大変神秘的です。この千本鳥居をくぐりながら稲荷山をゆっくりと散策するのが人気のコースです。山頂までいくと往復約2時間~2時間半ほどかかります。また、参道コースにある奥社の「おもかる石」は必見。願い事をし、灯籠の上の球石を持ち上げます。もし、持ち上げた石が軽いと感じたら願い事は叶い、重いと感じると願い事は叶わないと伝えられています。

■千本鳥居
伏見稲荷大社内 


自家製蕎麦がおいしい「可乃子」

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゆかり♡食べスタ㌘さん(@ykr.stagram)がシェアした投稿

伏見稲荷大社近くで打たてのお蕎麦と揚げたて天ぷらを頂ける「可乃子」はランチにおすすめ。3年以上寝かせた北海道の昆布と3種類の異なる鰹からとった、旨みとまろやかな香りが残るお出汁を使用しています。2種類の蕎麦(蕎麦と茶蕎麦)と天ぷら、いなり寿司(お稲荷さん)がセットになった「天ざるの膳」は人気のメニュー。サクッとした大き目の海老の天ぷらは食べ応えがあります!他にも、刺身や和え物などの小鉢もついた大変お得なセットです。とても落ち着いた雰囲気の店内なのでゆっくりとリラックスしながら食事を楽しめます。


■  可乃子
住所:〒612-0807 京都府京都市伏見区深草稲荷中之町59
HP:https://www.inari-kanoco.com/
営業時間:11:00~3:30(Lunch), 15:00~20:00(Dinner),




伏見の景色を堪能できる「十石舟」

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kaikaiさん(@onma0516)がシェアした投稿



伏見の酒蔵の街並みを巡る遊覧船「十石舟」。静かに流れる川のせせらぎ感じながら優雅な時間を楽しむことができます。船から見あげる伏見の情緒あふれる風景はとても美しく、また春は川辺に咲く満開の桜を、秋には美しい紅葉を鑑賞することができます。船からは坂本龍馬のゆかりの地でもある「寺田屋」を見ることもできます。この「寺田屋」は坂本竜馬が京都に滞在中襲撃された宿(寺田屋騒動)として有名です。残念ながら当時の建物は焼失されましたが、その後再建され中には坂本竜馬の資料や写真などが展示されています。

■十石舟
・住所:〒612-8045 京都府京都市伏見区南兵町247
・HP: http://kyoto-fushimi.or.jp/ship/




歴史が長い伏見は京都の中でも観光客に大人気の観光エリアです。京都に来たなら、ぜひ伏見稲荷大社や十石舟を訪れてみてくださいね。

WithTravel